ライブレポート-De Lorians Presents “NO PSYCHE” at 晴れたら空に豆まいて 2021/11/3

text by Hyozo/ゴヰチカ Barbican Estate(バービカンエステート)は結成が2019年とまだ若手だが、日本と中国のインディペンデントカルチャーを発信するレーベルRhyming Slangからコンピレーション参加や1stアルバム「Barbican Estate」をリリースするな...

READ MORE ライブレポート-De Lorians Presents “NO PSYCHE” at 晴れたら空に豆まいて 2021/11/3

INFOrmatiON!-Record Label in London

text by Kenji Ueda/I wonder why 今回はロンドンにある現行アンダーグラウンドインディレーベル、INFOrmatiON!についての記事を書きたい。きっと日本に住んでいると(むしろ英国にいても)全く耳馴染みのないレーベルだと思うが、かなり尖ったリリースを連発している。 IN...

READ MORE INFOrmatiON!-Record Label in London

ダムドという名の深き森

text by Tsuneglam Sam/YOUNG PARISIAN ちょっと雑なもの言いで申し訳ないのだが、ダムドを選ぶかクラッシュを選ぶかで人生は大きく変わってくると思う。ファッションも含めてね。音楽的に言えば、クラッシュを選べばレゲエやロックステディ、もしくはガイ・スティーヴンスなどに興味...

READ MORE ダムドという名の深き森

:Playlist for Venus Occultation:

text by CHIRO – Photographer / DJ 11月8日。金星が月を隠す「金星食」という現象が起こる。私たちの体に男性、女性といった壁を超えて「男らしさ」「女らしさ」の概念から一気に自由になる日。 人間が無機物から有機物へなるために種を蒔くという作用が起こる気がして...

READ MORE :Playlist for Venus Occultation:

Interview-Masayuki Takeda/ゴヰチカ 後編

前編はこちら -武田さんの音楽遍歴について教えてください。 ABBAとかBeatles、Rolling StonesとかCCRとか、親のレコードが家にあって、それをかけて聴きながら寝るっていうのが小さい頃のルーティーンでした。それが自分の音楽の原体験かもしれないです。初めて自分で買ったCDは小学生の...

READ MORE Interview-Masayuki Takeda/ゴヰチカ 後編

Interview-Masayuki Takeda/ゴヰチカ 前編

千葉県市原市五井に2020年にオープンしたゴヰチカ。国内外の現行ハードコア・パンク、ポストパンク、アンビエント等の作品を中心に、日々尖ったアーティスト、レーベルをプッシュし続けている。また、映像配信スタジオとしても活動しており、県内のアーティストの配信ライブやトークイベント等も行っている。今回は植木...

READ MORE Interview-Masayuki Takeda/ゴヰチカ 前編

“わかりやすく荒々しいサウンド”を聴きたい人向けの60sガレージ入門推薦盤

text by Toyozo-The Fadeaways 自分の好きな60sガレージと呼ばれる音楽は不思議なもので、その音楽性については画一的ものではなく、例えばレコード屋によってはパンクのコーナーにあるものや、サイケのコーナーにあるもの、サーフやオールディーズ、ロカビリーのコーナーにあるものもジャ...

READ MORE “わかりやすく荒々しいサウンド”を聴きたい人向けの60sガレージ入門推薦盤